【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ブランドカンパチ「ひなた小町」食べてね

本紙掲載日:2017-06-29
3面
結城さん(左)から「ひなた小町」を受け取る清田さんと畦原君

eco勘、島野浦小中に贈る−延岡

 延岡市の養殖業3社でつくる国産カンパチ生産者団体「eco勘」(黒田久行代表)は28日、同市島浦町の島野浦小学校を訪れ、同小と島野浦中学校の生徒児童にブランドカンパチ「ひなた小町」を贈った。

 eco勘は、同市北浦町阿蘇の黒田水産、澤勝水産、島浦町の結城水産の3社が今年2月に設立。近畿大学がふ化させた人工稚魚を利用して〃完全国産〃のカンパチ養殖に取り組んでいる。

 「新ブランドのカンパチに愛着を持ってもらおう」とeco勘では、名前の公募を行っていた。400通を超える応募があり、延岡市古城町の豊広剛さんの「ひなた小町」が選ばれたが、地元の小中学校にも名前案を募っていたという。

 この日は、名前案を応募してくれたお礼と地産地消の推進などを兼ねて結城水産の結城嘉朗専務(31)が来校し、小中学校それぞれに約4キロのひなた小町を贈呈した。

 受け取った同小の清田華さん(11)は「魚が好きなのでうれしい。おいしくいただきます」。同中生徒会長の畦原光之助君(14)は「北浦と島浦を代表するブランド魚が流通することを誇りに思う。全国の食卓に並ぶことを期待している」と感謝した。

 結城さんは「たくさん応募してくれた子どもたちにおいしく食べてもらえたらうれしい。島浦でも養殖が行われていることを知ってもらい、ひなた小町だけでなく、たくさん魚を食べてほしい」と話した。

 なお、贈られたひなた小町は小中学校共に、学校給食で提供される予定という。

その他の記事/過去の記事
page-top