【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

十屋市長に碁縁釜めし贈る

本紙掲載日:2017-06-22
2面
十屋幸平市長に商品を説明する黒木社長
ミツイシが7月1日から発売する「碁縁釜めし」

100周年を記念し開発−ミツイシ

◆囲碁にちなむ名物グルメ

 日向市平岩で碁石の製造販売などを手掛けるミツイシの黒木宏二社長(40)は21日、十屋幸平市長を訪ね、創業100周年を記念して開発し、7月1日に発売予定の「碁縁(ごえん)釜めし」を進呈した。

 同社はドライブイン「はまぐり碁石の里」や「囲碁ミュージアム」などの運営。今年2〜3月に日向市が開いた「はまぐりビジョン」(仮称)を策定する懇話会で意見交換する中で、黒木社長が「名物グルメを作ろう」と発案し、約4カ月がかりで完成させた。

 はまぐりご飯がベースで、具材のうちシイタケとウズラの卵で白黒の碁石を表現。貝殻付きハマグリのつくだ煮の周りを県産の地鶏の炭火焼きと郷土料理の水産加工品あげみを乗せ、宮崎の食の魅力を全面に打ち出すことにこだわり、味の改良も重ねた。加えて、容器の本体上部を黒色、下部を白くして「囲碁」をモチーフにしたという。

 黒木社長は「多くの皆さんの知恵を借りて完成させることができました。観光振興に食は欠かせません。日向市だけでなく県内全体に応援いただき、宮崎の名物になれるように一生懸命に売っていきたい」と意欲的に話した。

 試食した十屋市長は「ハマグリにしっかり味が付いており、ご飯も香ばしく本当においしいです。はまぐり碁石の生産地にふさわしい商品」と今後に期待を寄せた。

 同社では7月1日の発売を記念し、6月28日正午から日向市駅前コンコースでお披露目会を開催。セレモニーを行うほか、創業100周年にちなんで先着100人に「碁縁釜めし」を振る舞う。黒木社長は「地元で100年育てていただいた恩返しの意味も含めて、市民の皆さんにハマグリ本来の上品な味わいを、ぜひご賞味いただきたい」と来場を呼び掛けた。

 「碁縁釜めし」は1個1080円(税込み)。7月1日からドライブイン「はまぐり碁石の里」で購入できるほか、2階レストランでも食事メニューとして提供する。同7日からは日向市駅構内の「まちの駅とみたか物産館」でも発売予定。

その他の記事/過去の記事
page-top