【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

若い世代が伝える戦争−サラみやざき朗読劇

本紙掲載日:2017-06-20
6面
特攻隊長役の谷口ろくぞうさん(右)と父親役の池田知聡さん
サラみやざきの出演者たち
朗読劇「蒼天の向こうへ」を観劇する門川中2年生

門川中で「蒼天の向こうへ」

◆県の新たな“語り継ぎ”スタート−延岡出身の特攻隊長とその父の物語

 県は、若い世代に戦争体験を継承し、平和の尊さについて考える事業に取り組んでいる。9日は門川中学校2年生を対象に、延岡市出身の特攻隊長・黒木國雄さんと父肇さんの再会と別れの実話を元にした朗読劇「蒼天(そうてん)の向こうへ」を上演した。

 戦争体験者が学校を訪問し、子どもたちが体験を聞く県の「戦争体験語り部事業」は平成27年度から実施。今年度は既に高千穂町の上野中と田原中、五ケ瀬町の五ケ瀬中で行った。

 今回、門川中で行ったのは、県内で俳優・声優養成校を開き、学校などで劇や朗読を行っているサラみやざきの「戦争にまつわる朗読劇の上演」。出演者は20〜30代で、若い世代による新たな形の〃語り継ぎ〃として今年度からスタート、その1回目が門川中だった。

 サラみやざきは数年前から、宮崎市の赤江海軍基地から出撃する特攻隊員2人の死を目前にした会話を中心にした「受け継がれる想い」を県内の学校などで上演。今回の「蒼天の向こうへ」は戦後70年の平成27年から取り組んでいる。

 「蒼天の向こうへ」のモデルは、太平洋戦争末期の昭和20年5月11日に鹿児島県知覧基地から特攻出撃した延岡市北町出身の黒木國雄さんと、見送った父親の肇さん。脚本・演出を担当した谷口ろくぞうさんが國雄さん役、サラみやざき校の校長で俳優・声優として活躍する池田知聡さんが肇さん役を演じた。

 息子から遺書が届き、最後の様子が知りたいと知覧に行った父。すると息子は機体不良で戻って来ていたため再会できた。しかし翌朝、再出撃。父は見送った。そのわずか3カ月後に敗戦。戦後の父親の気持ちは…。

 親子のせりふの大半は、國雄さんの出撃を見送った直後に書かれた肇さんの手記が元になっており、淡々とした会話から親子の情愛が静かに伝わってくる。中学生たちは戦争がもたらした悲劇に立ち会い、平和の大切さをかめしめていた。

その他の記事/過去の記事
page-top