【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

旬鮮食材・枝豆−焼いてもおいしい

本紙掲載日:2017-06-20
4面
市内産が出回っている旬の枝豆

 冷えたビールがおいしい季節を迎えた。ビールのお供に欠かせないのが枝豆。延岡綜合地方卸売市場にも、ほぼ市内産を中心とした枝豆が並び始めた。大豆と同様に良質なたんぱく質の宝庫。冷凍食品のゆで枝豆は一年中出回っているが、旬の今はぜひ新鮮なものをいただきたい。

 塩ゆでにしてそのまま食べることが多いが、枝豆ご飯にしたり、ヒジキと一緒に煮物にしたりと意外に用途は広い。

 以前、料理店で焼いた枝豆をいただいたことがある。枝に付いたまま火であぶったようで、皮には少し焦げ目が付き、湯気が立ってほくほくした食感が新鮮だった。家庭で再現してみようと調べたら、直火であぶるよりも、フライパンの方が手軽にできるとのこと。

 作り方は、〇淨Δ鮴う塩を振って3〜5分置くフライパンに重ならないように置くい佞燭鬚靴洞火で3分イ佞燭魍け枝豆を裏返すΔ気蕕烹科ほど加熱する。さやが少し開くのが目安。

 焼くと甘みが増すという。塩ゆでとはひと味違ったおいしさをお試しください。

その他の記事/過去の記事
page-top