【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

乗っ取り多発、注意を−県警

本紙掲載日:2017-06-20
3面

無料通信アプリ「LINE」

 スマートフォンを中心に広く利用されているコミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」で、本人に成り済まして電子マネーをだまし取ろうとする事案が多発しているとして、県警が注意を呼び掛けている。

◇だまされないで成りすまし詐欺

 家族や友人に成り済ました犯人が、「コンビニでウェブマネーカード(ほかにアマゾンギフトカードやiTunesカード、BitCashなど)を買って、その番号を教えて」というメッセージを送る手口。言葉巧みに理由を並べ、「至急お願い」など急用を装う手口も確認されている。

 電子マネーは番号さえあれば使うことができ、県内でも昨年から被害が相次いでいる。県警はこうしたメッセージについて「別人が送り主に成り済ましている可能性が極めて高い」として、「LINE以外の手段で直接本人に電話確認するか、警察に相談してほしい」と訴えている。

◇電話番号と認識番号で悪用

 LINEをめぐっては「電話番号と認識番号を教えて」というメッセージが送られてきた、という相談も急増している。教えてしまうとアカウント(利用権利)を乗っ取られ、成りすまし詐欺に悪用される。

 LINEは利用者本人の電話番号と、登録時に割り振られる認識番号(ID)があれば、第三者でもその人のアカウントで利用できるようになるという。

 犯人はすでに乗っ取ったアカウントを使い、登録されているアドレス(電話帳)の連絡先へ一斉に「番号を教えて」のメッセージを送信するのが手口とみられている。

 それを受信した側は、友人や知人からのメッセージだと思って自分の番号を教えてしまうと、知らない間に自分のアカウントが乗っ取られてLINEが利用できなくなってしまう。

 乗っ取られた側が気付くのに遅れれば、さらなる乗っ取りやウェブマネー詐欺の被害拡大につながる。このため県警は「たとえ親しい相手からでも、電話番号や認識番号を聞き出そうとするメッセージには警戒し、安易に教えないで」と呼び掛けている。

 一方、自分のアカウントが乗っ取られてしまった場合は、「LINE問題報告フォーム」で詳細を入力し、確認が取れ次第、アカウントを削除できる。問い合わせは最寄りの警察署へ。

その他の記事/過去の記事
page-top