【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
河内正二さん(日向)グランプリ
本紙掲載日:2017-06-17
7面

八女茶山唄日本一大会でグランプリに輝いた河内正二さん

八女茶山唄日本一大会で最高賞に

 「第34回八女茶山唄日本一大会」が4日、福岡県八女市であり、壮年の部を制した日向市亀崎の河内正二さん(68)=自営業=に最高賞のグランプリ(日本民謡協会長賞)が贈られた。

 少年少女(中学生以下)、青年(50歳以下)、壮年(70歳未満)、高年(70歳以上)の4部門に約140人が出場。少年少女を除く3部門の優勝者でグランプリの座を争った。

 河内さんは民謡歴40年以上のベテラン。これまで数多くの全国大会に出場しており、通算で優勝36回、グランプリ7回を数える実力者。今大会は2、3位はあるが、優勝もグランプリも初めて。

 「八女茶山唄」は茶の手もみ作業の際に歌われたもので、「お茶を摘んだりもんだりする雰囲気を歌唱で表現するように心掛けました。調子よく歌えました」とにっこり。

 次の目標は9月に北海道で開かれる国内最大規模の民謡大会「第55回江差追分全国大会」。今月11日に京都市であった関西地区選抜大会一般の部で予選通過を果たしており、「決戦会に残り、入賞を目指したい」と張り切っている。

 「民謡は私にとって生きがい。健康にも良いので、たくさんの人にぜひ歌ってもらいたい」と笑顔で話した。

 同大会の高年の部では、門川町西栄町の松田典子=つねこ=さんが3位入賞を果たした。