【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

よみがえるか!のべおか「第九」(下)

本紙掲載日:2017-06-10
1面
記者会見で説明する(左から)今村愛子会長、水永正憲プロジェクト長、合唱指揮の柳田啓志さん

危機感バネに再出発

◆楽譜を持って歌います−小学生から歌えます

 合唱団「のべおか『第九』を歌う会」は、毎年5月、団員募集をスタートするに当たって延岡市役所で記者会見し、その年の演奏会の概要や結団式などスケジュールを発表する。

 今年の会見は5月29日に行われた。今年は今村愛子会長のほか水永正憲プロジェクト長、合唱指揮の柳田啓志さんが加わり「今年の第九は変わります」と、再出発する新生のべおか「第九」をアピールし、存続への思いを語った。

          ▽          ▽

 昨年までとどう変わるのだろうか――

◇本番で楽譜を持って歌う(第1回は楽譜を持って歌ったが、その後は暗譜だった。歌詞と旋律を覚える負担を軽減し、初心者も参加しやすくする)

◇本番で歌うのは「第九」のみ(平成17年から歌ってきた「合唱幻想曲」〈ベートーベン作曲〉は中止。「第九」を歌いたい人や過去に歌った経験のある人たちに、この曲を負担に感じて参加しない人がいた)

◇初心者に手厚く指導する(初心者練習日を3日間開くほか全体の練習でも初心者に手厚くする)

◇小学生から参加できるようにする(保護者同伴。これまでは中学生からだったが小さい頃から「第九」に親しんでもらう)

◇本番の開演時間を30分繰り上げて午後6時とする(小中高校生、遠方の人を含めて観客、団員が参加しやすいようにする)

◇結団式を日曜の昼から土曜の夜に変更し、内容を見直す(日曜の昼は行事が多く出席率が低かった。今年は今月17日午後7〜8時の1時間。楽しい内容にする)

          ▽          ▽

 このほか、今年を含めて今後も継続的に「のべおか第九」を続けていくための中・長期的方策として―

◇宮崎市にサテライト練習会場を設ける(いろんな地区からの参加を可能にする(要所の練習だけ合同で行う)

◇合唱部など学校単位の参加をお願いする(練習は学校でやってもらい、要所の練習だけ合同で行う)

◇音楽祭などに参加し広報活動を積極的に行う。学校で「第九」のDVDを見てもらうなど関心を高める努力をする

◇役所や企業の新入社員、若い職員の社員教育として参加をお願いする

◇3年後の2020年は第35回。この年に宮崎県内各地で開かれる国民文化祭に「延岡で第九」を取り入れてもらえるように活動する。同年のオリンピックに関連した「ドイツとの第九交流」イベントを考える

◇資金面の対策として企業、団体、個人に賛助金やチケットの購入をお願いする

          ▽          ▽

 小学生から参加できるようにしたことや本番で楽譜を見ながら歌えるようにしたことは30年を超える「のべおか『第九』を歌う会」にとって大きな変革。

 これまで「第九を歌いたい」と思ったり、入会を誘われても尻込みしてしまう雰囲気をなくし、子どもからお年寄りまで、みんなで新しい『のべおか第九』をつくっていきましょう」という気持ちが込められているという。

          ▽          ▽

 記者会見で配布された資料にはこう書かれていた。

「合唱団員の減少で危機的状況にありますが、宮崎県内で唯一継続している音楽会の灯を消さないため存続に向けて活動を始めました。新たな『のべおか第九』を目指し団員の拡充、資金の確保に努めたいと思います」

 今年の団員目標は120〜140人という。結団式は17日午後7時(延岡総合文化センター)。

その他の記事/過去の記事
page-top