【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「人」(ひと)−県延岡土木事務所所長・馴松義昭さん

本紙掲載日:2017-06-08
2面

 「高速道路が北九州市から宮崎市までつながりましたが、延岡市には中心市街地のすぐ近くに加え、旧3北(北方、北浦、北方町)にもインターがあり、まちとして発展の扉が開いていると感じます」と、初めて勤務した延岡市の印象。

 道路や河川の社会資本の整備や維持、管理をはじめ、災害復旧工事も行う幅広い県土木事務所の仕事に対し、「地域から信頼される土木事務所を目指したい。そのためには、地元の声をしっかり聞き、誠実に対応したい」と意欲を燃やす。

 人口減少の影響などで行政や建設産業の技能者が不足している現状を気に掛け、次世代の担い手の育成・確保の大切さを指摘。「若い人が、土木に魅力ややりがいを感じることができる取り組みも必要」と、情報発信にも力を入れる。

 好きな言葉は「禍福は糾(あざな)える縄の如(ごと)し」で、幸福と不幸はより合わせた縄のように交互にやってくるという意味。「悪い時もいつまでも続かないと考え、前向きに明るく過ごすよう心掛けています」とほほ笑んだ。

 都城市(旧高城町)出身。九州大学卒。昭和57年に県庁入庁し、道路や技術管理など幅広く歴任。平成24、25年は国土交通省に出向して災害査定官、前職は建設技術推進機構常任理事。宮崎市の自宅で3人暮らし。庭いじりと散歩が趣味。58歳。

その他の記事/過去の記事
page-top