【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

出身地の日向市、大台到達心待ち

本紙掲載日:2017-06-06
3面
2000安打までの残り本数を示した日向商工会議所の掲示板
サンドーム日向で始まった青木グッズの展示

日米通算2000安打青木、目前

◆サンドーム日向でグッズ展も

 日向市出身の米大リーガー青木宣親選手(35)=アストロズ=の日米通算2000安打が目前に迫っている。きょうのロイヤルズ戦で右翼へ適時打を放ち、達成まで残り4本。地元の関係者は節目となる大台到達を心待ちにしている。

 今季は残り35本で開幕を迎えた。上位へのつなぎ役を務める青木選手は、チーム事情もあって出場機会は限られているものの、大記録に向けて確実に安打を積み上げている。

 ユニホームや写真など青木グッズが展示されている日向市役所正面玄関入り口では、開幕から残り本数のカウントダウン表示を開始。選手後援会事務局がある日向商工会議所でも、玄関横の掲示板で残り20本を切った時点でスタートした。

 後援会の日盍霆┣馗垢蓮嵋菁チーム環境が変わる中で適応することも大変でしょう。達成はいつかいつかと思っている。帰省した時には後援会だけでなく、市民全体でお祝いできるよう準備を進めたい」と話す。

 父親の人志さん(71)=自営業=は「達成を現地で見届けたいと思って渡米のタイミングを考えてましたが、息子からは『通過点だからわざわざ来なくてもいいよ』と言われた。それなら、チームは絶好調だしワールドシリーズを見に行くよと話したところです」。

 市と選手後援会は、2000安打の達成後にイオン日向店とJR日向市駅にお祝いの横断幕を設置する予定という。6日からは、市民一丸となって盛り上げようと、青木選手のヤクルトスワローズ時代や大リーグ移籍後の歴代ユニホーム、バットやシューズなどの展示をサンドーム日向で始めた。

 日向高時代、共に野球部で汗を流した同級生の黒木大輔さん(35)=門川漁協=は、タブレットで毎試合ライブ放送をチェックしているという。「本人も話してましたが外野層の厚いチームですから、なかなか毎試合のように出れる状況じゃないと思います。彼の目標はもっと高いところでしょうし、個人的には待ち遠しいという思いはないです。もっともっと上を目指してほしい」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top