【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

テングチョウが大発生−延岡市北川町

本紙掲載日:2017-05-31
1面
民家の網戸に張り付いたテングチョウ。近づくと一斉に飛び立つ(5月30日、延岡市北川町松瀬)
頭部がてんぐの鼻のように見えるテングチョウ

住民ら「初めて見た」

 成虫の頭部がてんぐの鼻のように見える「テングチョウ」が、延岡市北川町で大量に発生している。民家にも飛来しており、「初めて見た」と住民を驚かせている。

 同町松瀬の農業安部多都三さん(55)によると、28日ごろから急に増え始め、家の網戸などにびっしりと張り付いたり、車にぶつかるほど道路を低く飛び回るようになった。ほかにも、国道326号沿いや祝子川地区など町内のほぼ全域で大量発生が確認されている。

 テングチョウは茶色の羽に褐色やオレンジ色の斑紋がある。宮崎昆虫同好会幹事の安本潤一さん(64)によると、エノキの新芽を食べ、年1回この時期に発生する。年によっては大量発生することもあるという。家などに害はなく、6月下旬には標高の高い場所に移動していなくなる。

 安部さんは「こんなにたくさんのチョウを見たのは初めて。地球温暖化の影響だろうかと心配していた。家に害がないと聞いて一安心だが、これほど多いとさすがに不気味」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top