【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

生産者部会が発足

本紙掲載日:2017-05-31
1面
東九州バスク化構想延岡推進協議会内に発足した生産者部会の第1回会合
生産者部会の部会長に就いた斧康弘さん

東九州バスク化構想延岡推進協議会

◆料理人部会と連携−部会長に斧さん

 食の魅力で人が呼べる延岡づくりを目指す東九州バスク化構想延岡推進協議会(会長・首藤正治延岡市長)内に「生産者部会」が発足し、30日、延岡市役所で第1回会合が開かれた。市内の生産者や関係機関・団体から約20人が出席。規約や活動内容、交流事業などを承認し、構想推進の一翼を担うことを確認した。

 同部会は、生産者18人(野菜・果樹・特用作物部門9人、畜産部門2人、水産部門7人)と、県や大学、農協、漁協の職員らオブザーバー11人の計29人で構成。部会長は斧康弘さん(北方町・路地野菜)、副部会長は吉玉勇作さん(延岡市・豚肉)と堀田洋さん(北浦町・水産)が就いた。

 規約によると、農林水産物の生産拡大や品質を高めることで、延岡の食の魅力の一層の向上と構想の推進に尽くすことを目的に、料理人部会との連携や消費者との交流、生産基盤の強化と人材育成、協議会が実施する機運醸成の取り組みへの協力支援、目的達成に必要な事業を行う。

 会合では、生産者部会と料理人部会の交流事業として、素材の情報提供や品目・量などの希望調査、供給(生産)体制や流通方法の検討などを協議する意見交換会を開催し、商談への発展を目指すほか、道の駅や産直店舗など部会員以外にも周知し、積極的に活動していくことを確認した。

 また、消費者との交流事業については、料理人部会との連携により、旬の食材やPRしたい素材の味を生かした新メニューを開発し、イベントで消費者に振る舞うことを通じて食材と料理店の認知度を向上させるとともに、東九州バスク化構想の機運醸成につなげていくことを決めた。

 同協議会会長の首藤市長は「先に発足した料理人部会と生産者部会が連携し、素材の面と料理に仕立てる点から知恵を出し合い、延岡の食の魅力を発信してほしい。地元産品を地元で生かす『地産地活』を共通の理念の下で、取り組みを盛り上げていきたい」とあいさつ。

 部会長の斧さんは「生産者がつくる地元の農産物や水産物、畜産物の良さを広く知ってもらうため、地元の料理人さんと手を組んで素材と料理の両方のおいしさと魅力を市内外に発信し、『延岡の食はおいしい』と自慢できるような取り組みを広げていきたい」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top