【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

話題−キジの卵、ニワトリが温め2羽誕生

本紙掲載日:2017-05-29
3面
元気に動き回るひなと卵を気にするニワトリ

 栗山で見つけたキジの卵11個をニワトリに温めさせたところ、2羽のひながかえった。見つけた美郷町西郷の福崎治康さん(70)が隣の福崎正敏さん(63)に相談し、ニワトリにふ化を託したという。治康さんは「キジが恩返しに来るかもしれん」と元気な姿に目を細めている。

 卵を見つけたのは16日。治康さんが栗山で下草刈りをしていると、巣から逃げていくキジを発見。巣には卵11個があったという。「親鳥を夕方まで待っとったけど帰ってこんかった」。卵をどうするか悩んだ末に持ち帰ってこたつで温めていた。

 18日に正敏さんに相談すると、「うちのニワトリが無精卵を温めとるわ。抱かせてみろや」。それは名案とばかりに卵を取り換えたところ、ニワトリは温め続け、22日と23日に2匹のひながかえった。

 産まれたひなはニワトリ小屋の中を動き回ったり、親と思っているのかニワトリのおなかの下に潜ったりと元気な様子を見せている。

 ニワトリは今も残りの卵を温めている。治康さんは、ひなが成長したら元の場所に戻すつもりだ。

その他の記事/過去の記事
page-top