【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

大地震、津波だ!一斉に避難訓練

本紙掲載日:2017-05-29
3面
一斉に高台を目指す住民ら(延岡市北浦町古江の本村地区)

県防災の日

◆町民の3分の1が参加−延岡市北浦町

 「県防災の日」の28日、延岡市北浦町(1604世帯)は町内一斉に地震津波対策訓練を実施し、住民と行政が合同で万一の対応を再確認した。

 「日向灘沖を震源とするマグニチュード9・1の大地震が発生し、県北平野部でも震度6強を観測。県内に最大高14メートルの大津波警報が発表された」という想定で訓練。海岸部を中心に、いかに早く高台に避難できるかを確認した。

 訓練には全町民3607人のうち1226人が参加。市北浦総合支所の屋外放送や巡回する消防団車両から、地震発生と津波の襲来が知らされると、自宅や出先にいた住民は、手をつないだり声を掛け合いながら最寄りの高台を目指した。

 市は町内の高台31カ所を津波避難場所に指定しており、海岸側にも多くの民家が密集する古江の本村地区(109世帯)では3カ所に分かれて避難。幼児からお年寄りまでが「10分以内」を目標に、走ったり早足で高台に上がった。

 このうち、市道登り口の高台に向けてはほとんどの住民が国道を横断して避難しなければならず、警察官と消防団員が通行車両を止めて安全を確保。「ここまでは急いで逃げないと」と女性や子どもたちなど42人が、坂道まで懸命に避難した。

 地区の班長を務める河野松生さん(59)は、現在の臨海公園(きたうら海うららなど)がある海岸で「まだ浜だった頃に津波が来たのを覚えている」と振り返り、地元の人たちが津波に危機感を抱いていることを語った。

 一方、国道と市道の交差点付近には橋が架かっており、「地震で橋が倒壊したり、津波が川まで上がってくるような時は臨機応変に避難先を変えなければ」といった声も。

 訓練後に支所で開かれた全体の反省会では、備蓄倉庫の必要性や、「古いブロック塀も多いので、地震での倒壊を考えて普段から各地域で点検しておいた方がいい」などの意見が出された。

その他の記事/過去の記事
page-top