【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
10期連続の黒字達成−ソラシドエア
本紙掲載日:2017-05-27
4面

平成29年3月期決算


 ソラシドエア(宮崎市、高橋洋社長)は26日、平成29年3月期決算を発表した。営業収入は381億5300万円、営業利益は39億8200万円でいずれも過去最高。純利益も過去最高の23億7400万円で10期連続の黒字となった。

 昨年4月の熊本地震の影響があったものの、国の支援施策「ふっこう割」や営業努力で、売上高に当たる営業収入は前期比9700万円(0・2%)の微増した。

 一方で、原油価格が低い状態で安定したことで営業費用が抑えられ、営業利益は前期比19億6900万円(97・8%)増の39億8200万円だった。その結果、純利益は平成27年3月期の15億3800万円を上回り、過去最高となった。

 就航率は地震による大量欠航が影響し、98・7%。定時出発率は羽田空港や那覇空港の混雑を受けて88・7%だった。

 配当は普通配当の1株500円と就航15周年記念配当の同150円の計650円を、6月開催の株主総会に提案する。同30年3月期の通期は営業収入379億円、営業利益14億円、純利益10億円を見込む。

 高橋社長は国内線の拡充や国際線の定期便化などに取り組むとした中期経営計画(平成29〜32年度)を踏まえ、「九州になくてはならないエアラインにしていきたい」と話した。


◆盒脅卍垢退任へ

 ソラシドエアは26日、盒桐亮卍后複僑押砲退任すると発表した。後任には日本政策投資銀行常務執行役員の盒狭輔氏(56)が就任する6月22日予定の定時株主総会で正式決定される。

 新社長の盒胸瓩狼楮蠍が本籍。東京大学法学部卒業後、昭和59年に日本開発銀行(現日本政策投資銀行)に入行し、金融法人部長や秘書室長、都市開発部長、常勤監査役などを務め、平成27年から現職を務める。

 役員人事ではまた、新副社長に峯尾隆史顧問(58)、取締役に西尾敏執行役員(55)と添田重行総務部長(54)が着任。常務取締役に増田秀隆取締役(64)が昇格する。社外取締役(非常勤)に丸屋本社の玉川惠取締役(59)とANA企画室企画部の柿花祥太副部長(48)、常勤監査役に宮交ホールディングスの日睛紺賚査睫撹長(50)が就く。

 上田幸彦副社長(62)、吉村浩一常務取締役(56)、社外取締役(非常勤)の中島弘明氏(81)と峯口秀喜氏(50)、常勤監査役の遠山直樹氏(67)は退任する。