【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
日向〜上椎葉に快速ミニバス
本紙掲載日:2017-05-27
1面

4市町村−10月運行開始

 日向・入郷圏域の1市1町2村は、日向市―上椎葉(椎葉村)間で山間部から市街地までの83・6キロ区間を結ぶ快速型ミニバスの運行計画を進めている。10月の運行開始を目指す。

 日向市の十屋幸平市長が、26日開いた定例会見で明らかにした。同市は6月2日開会の市議会6月定例会に上程する一般会計補正予算案のうち、地域生活交通対策事業として議案提出する。補正額は90万円。

 路線バスの存続および利便性向上を図るため、関係市町村で進めている「日向・東臼杵地域公共交通再編実施計画」の一環。日向市、美郷町、諸塚村、椎葉村の関係自治体が委託業者を決めて運行する計画。

 10人乗り程度の車両を想定し、午前中に上椎葉を出発、午後に日向から上椎葉に戻る週2日(毎週火・木曜日)、1日1往復の運行計画。現在、宮交バスによる現行ルート(1日4往復)で100カ所あるバス停のうち11カ所に停車。運行時間は現在の155分から114分となり41分短縮されるという。

 特に高齢者の乗車負担の軽減を考えており、十屋市長は「国道327号線は未改良区間があり、大きなバスだと時間がかかる上、停車するバス停が減ることで時間短縮ができる。現路線に週2回の運行が加わることで利便性が図られるのが大きなメリット」と相乗効果を期待した。