【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
おいしいお茶です−延岡茶生産組合
本紙掲載日:2017-05-26
2面

今年の一番茶を首藤市長に贈呈した工藤組合長(中央)と田邊副組合長(右側)

首藤市長に一番茶贈る

 延岡市内の茶生産者でつくる延岡茶生産組合(工藤若夫組合長、22人)は25日、今年の一番茶を首藤正治延岡市長に贈呈し、地元のお茶をPRした。

 工藤組合長と田邊啓三副組合長らが市長室を訪ね、今年の収穫を報告。日ごろの茶生産振興への感謝を述べ、「煎茶」「蒸し製玉緑茶」「釜炒(い)り茶」の一番茶セットを贈呈した。

 JA延岡農産園芸振興課の佐藤彰さんが、出来映えや市内の茶生産の状況などを説明。今年は寒さが続いたことなどにより、JA経済連による茶の入札が4月19日からと、昨年より6日遅くなったことなどを報告した。

 首藤市長は3種類の茶葉を手に取ったり、香りを確認。それぞれの製法の違いなどについて興味深そうに聞き入った。また、いれ立てのお茶を順番に味わい、「すっきりしていますね」「釜炒り茶は子どものころからなじんだ味ですね」と話した。

 市長が天候の影響などを尋ねると工藤組合長は「北浦の場合は、芽が少なかったせいで収量が減りました。2、3月に雨が少なかったことも収穫の遅れに影響していると思います」と振り返った。

 市長は、日本人の食文化にお茶が不可欠なことに触れ、「急須でいれて飲む習慣が、きちんと引き継がれていくことが一番望ましい。これからも良いお茶をつくり続けてください」と激励。工藤組合長は「頑張ります」と笑顔で応えていた。

 また、工藤組合長らはJA延岡も訪れ、山本照弘組合長と楠田富雄副組合長に一番茶を贈った。