【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

宮大生が収録、多言語グルメリポートなど

本紙掲載日:2017-05-25
8面
中国語で「ハモカツ重」のグルメリポートに挑む台湾人留学生のサイ・ショウブンさん

包括連携協定の一環−門川

 宮崎大学の台湾人留学生3人と日本人学生3人は19、20日、門川町を訪問し、多言語によるグルメリポートなどの収録に挑んだ。同大学と同町は来月5日、包括連携協定を締結する予定になっており、今回のリポート収録はその一環。ICT(情報通信技術)を活用した情報発信の試みとして、ハモなどの地元グルメや乙島などの観光資源の魅力を3カ国語(日本語、英語、中国語)でリポート収録し、インターネット配信する計画になっている。

 19日には門川漁協直営レストラン「うみすずめ」で、同町の近海で水揚げされるハモの湯引きなどを実際に食べ、味や食感をリポートした。

 このうち、「ハモカツ重」の中国語のリポートを担当した台湾人留学生、サイ・ショウブンさん(22)は「こんなにきれいな料理を見たら、まずは…」とポケットから携帯電話を取り出し、パチリと写真を撮影。ハモの天ぷらを箸で挟み「とてもふわふわしている」。口に運んで「予想通り、とろけそう。ご飯と一緒にどんどん食べたくなる」。最後に「みんなにも分けてあげたいけど、おいしいから、やっぱりやめておく。もし食べたいなら、自分でここに来て」と、茶目っけたっぷりにまとめた。

 学生たちは、担当する同大学地域資源創成学部の金岡保之准教授と共に現地入り。他にも、町内の飲食店、工場、温泉などにも足を運び、2日間のリポート収録を終えた。

 同大学と同町は、包括連携協定の締結を前提に昨年度から、門川湾に生息する魚類をまとめた「門川海の幸大図鑑」(仮称)の制作と、国の天然記念物カンムリウミスズメの生態行動研究に取り組んでおり、今年度は新たに、今回の多言語によるリポート収録と、同大学の留学生と地元中学生のグローバルキャンプを予定している。

その他の記事/過去の記事
page-top