【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「人」(ひと)−県林業技術センター所長・渡邊幸一さん

本紙掲載日:2017-05-23
2面

 林業職で入庁し、今年で36年目。同センター(美郷町西郷田代)での勤務は初めてだが、これまで通算4回11年間、東臼杵農林振興局に勤務。そのため県北は、なじみの土地だ。

 戦後に植えたスギが伐採期を迎える中、中国木材日向工場の進出や木質バイオマス発電所の稼働を追い風に、県内の木材需要は高まっている。

 課題は、伐採後の再造林をいかに進めていくか。加えて、高齢化に伴う担い手不足も深刻だ。「再造林したものの、下刈りや間伐など、その後の管理が難しくなってくることを考え、早成樹の活用など、作業の省力化のための技術開発も必要だろう」と今後を見据える。

 同センターの役割を踏まえ「試験研究は地道に着実に、担い手の育成は長期研修制度『みやざき林業青年アカデミー』を軸に、鳥獣被害対策は必要とされる支援を迅速に。地元の農家、林家のために精いっぱい取り組みたい」と抱負を語る。

 日南市出身。日南高校、九州大学農学部を卒業後、昭和56年に入庁。森林経営課課長を経て4月1日から現職。趣味は「年間3、4レースは走る」というマラソンと、「映画『ディア・ハンター』に影響を受け、20年前から週1回、個人レッスンを受けている」というクラシックギター。「うまくならないので飽きません」と笑う。58歳。

その他の記事/過去の記事
page-top