【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

人権の花運動−思いやりの心を育む

本紙掲載日:2017-05-23
2面
花の苗を受け取る緑ケ丘小児童

緑ケ丘小で花の苗贈呈式

 花を育てながら思いやりの心を育む延岡市の「人権の花運動」が23日、緑ケ丘小学校(新町芳伸校長、284人)であった。苗を受け取った子どもたちは「ますます明るい緑ケ丘小を目指していきたい」などと誓った。

 贈呈式は体育館で行われ、市人権推進課の橋口昌義課長が「一人一人が大事な命。花を育てながら周りの友達に思いやりの心を持って接することができるよう学んでほしい」とあいさつ。代表児童が花の苗や「人権の花運動」と書かれた看板を受け取った。

 これを受け、6年の細川颯希(さき)さんが「自分も友達も大切にし、より良い人間関係を大事にして、ますます明るい緑ケ丘小を目指していきたい」と述べた。

 式では、延岡人権擁護委員協議会の志野光洋さんの講話もあり、10月ごろに各小中学校に届けられる「SOSミニレター」を紹介。「人権擁護委員は相談を受けることも仕事。いじめや悪口など一人で悩んでいることで、誰にも相談できないことがあったらミニレターを使って相談して」と呼び掛けた。

 同運動は昭和57年度から、人権啓発活動の一環で全国実施。当時は人権擁護委員協議会と法務局が主催していたが、平成19年度からは各市町村が委託を受けて展開するようになった。延岡市は2年おきに小・中学校各1校ずつを実施校に指定しており、今回は同校と小中一貫校「北方学園」となっている。実施校では人権教室なども開かれる予定という。

その他の記事/過去の記事
page-top