【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

病気やけがの回復願う−龍仙寺

本紙掲載日:2017-05-22
2面
龍仙寺の癌封じ大祭

癌封じ十一面観音大祭

 延岡市西階町の大円山龍仙寺(桑井弘準住職)で21日、癌(こわれ)封じ十一面観音大祭が行われ、檀家(だんか)をはじめ病気やけがからの回復を願う人たちが参拝した。

 同寺の本尊、十一面観世音菩薩は、婦人病をはじめとする各種病気の平癒、家内安全などにご利益があると伝えられ、毎年、ご開帳の日に合わせて大祭を行っている。

 本堂では、桑井住職ら3人の僧侶が法要を営んだ。般若心経と観音経、真言経の読経が響く中、桑井住職が護摩をたいて祈願。

 時折、激しく上がる炎と煙で、持ち寄られた肌着など身に着けるものを清めた。清められた衣類は再び持ち主が身に着けることで「お守り」の役目を果たすという。

 法要が終わると、年に1度の十一面観音像をご開帳。訪れた人たちは、普段見ることのできない観音像に手を合わせて願いがかなうように祈り、体の気になる部位を経本で清めてもらうなどした。

 祭りの後は、お茶や甘茶、お菓子などの接待もあり、境内でくつろぐ人も多かった。

 桑井住職は「私が住職になって初めての大きな祭りでしたが、熱心な皆さまにご参拝いただきました。歴史ある伝統の祭りを、これからも絶やさぬようつないでいきたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top