【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

真の地方創生実現を

本紙掲載日:2017-05-19
1面

30年度国の施策・予算−県が提案要望へ

 県は16日、国の平成30年度施策・予算への提案・要望を発表した。本県の重点施策に沿って、人口減少対策や成長産業育成など24項目を盛り込んだ。河野知事は30、31日、政府や関係省庁を回り、最終日には本県選出の国会議員に実現への力添えをお願いする。

 国の新年度予算編成作業の本格化を前にした恒例の活動。今年度は「人口減少対策と中山間地域対策」「スポーツ・文化・観光の振興」「成長産業の育成と輸出促進」「社会資本整備と防災・減災対策」の4本柱を立てて再整理したことで、昨年度の46項目から減少した。

 真の地方創生の実現では、取り組みを進めるために少なくとも10年先を見通せる安定的な財源が必要だと訴え。地方創生交付金の対象事業の要件を緩和し自由度を高めるほか、企業版ふるさと納税制度の運用の弾力化を要望。地方税財源の確保・充実もお願いする。

 人口減少対策では幼児教育無償化のさらなる推進や内閣府の地域少子化対策重点推進交付金に代わる自由度の高い新たな交付金の創設を提案。中山間地域活性化では、雇用確保や所得向上への支援措置、持続可能な循環型林業の確立に向けた予算配分を求める。

 スポーツ分野では屋外型ナショナルトレーニングセンターの本県への整備を引き続き要望。平成38年度の2巡目国体を見据え、体育施設整備の改修・整備に対して特別な地方債の発行など財政支援を求める。

 防災対策では、日向灘に海底での地震・津波観測網(DONET)が整備されていないため、早期の整備による観測体制の強化を訴える。

 知事は16日の定例記者会見で「重点的な内容に絞り、それ以外は各部署で粛々と進めるようめりはりを付けた。具体的な要望活動を心掛けていきたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top