【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

藤原さん(日之影町)を認定

本紙掲載日:2017-05-18
2面
「かるい」を手に河野知事と懇談する藤原さん

竹細工職人−県の伝統工芸士に

 県は17日、日之影町の竹細工職人の藤原誠さん(80)ら2人を伝統工芸士に認定した。また、藤原さんを伝統的工芸品事業者、かるい(背負い籠)と竹工芸品を伝統的工芸品に指定した。

 認定証と指定証の交付式は県庁であり、河野知事が藤原さんらに手渡した。知事は「今後ますますの活躍を期待しています」と期待を寄せた。

 藤原さんは、郵便局を定年退職後にこの道に入り、キャリア約20年を誇る。現代の名工で県伝統工芸士の先輩でもあった同町の故廣島一夫さんらに師事して腕を磨いてきた。

 背負い籠や弁当入れ、手提げ、花籠など洗練された作品は人気があり、雑誌などにも取り上げられる。後継者育成にも努め、豊富な知識を生かし、町文化財専門委員としても活躍している。

 藤原さんは「ありがたいこと」と認定を喜び、「廣島さんに教えていただいた、妥協しない作品づくりをこれからも続けていきたい」と話した。

 この結果、県伝統工芸士は150人(うち活動中56人)、伝統的工芸品指定事業者は100事業者(同55事業者)、伝統的指定工芸品は36品目となった。

その他の記事/過去の記事
page-top