【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「人」(ひと)−日向市消防本部消防長・吉村博さん

本紙掲載日:2017-05-17
2面

 4月から第23代消防長。幹部を集めた初めての会議では「この組織にヒーローはいらない。個人よりも組織。チームワークを大切にみんなで盛り上げていこう」と呼び掛けた。

 昭和54年に19歳で消防入り。平成6年から9年間は救急隊に所属し、同20年からの3年間は市総務課の危機管理係に出向した。消防へ戻る一月前に東日本大震災が発生。救援物資の振り分けや避難者の受け入れ調整などに尽くし、その後は市消防本部の総務課長、警防課長兼署長を歴任した。

 差し迫った課題は、地域の高齢化などで増えている救急車の出動について。「私が消防に入った時は年500件ほどだったが、現在は約3000件。需要の増加に合わせ、救急体制を考えないといけない。適正利用を呼び掛ける一方で、現在は2台しかない救急車を増やすことなど、時代に合わせた対応が求められていると思う」

 職員には「報告、連絡、相談はもちろん大事だが、業務は一刻を争う場合も多い。係長や課長レベルの現場で勇気を持って決断してほしい」と呼び掛ける。

 日向市財光寺出身で美々津町在住。日向中、日向高卒。趣味はバイクとカメラ。休みの日は職員や消防団員のバイク仲間と一緒に県外へツーリングし、訪れた先の景色を写真に収める。57歳。

その他の記事/過去の記事
page-top