【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

筆を使って書くの楽しいよ

本紙掲載日:2017-05-15
7面
「魚」の古代文字を説明する山元さん
こんな「魚」書いた
宮大生のお姉さんが手ほどき

延岡童夢館で書道体験

◆宮崎大の山元准教授ら迎えて楽しく

〃学問の神様〃〃書道の神様〃として知られる菅原道真公を祭る延岡市天神小路の亀井神社は27、28日に初めての書道展を開く。それを前に13日、近くにある家庭支援センター「童夢館」で書道体験教室を行い、小学生を中心に約30人が参加した。

 同神社奉仕会の招きで童夢館を訪れたのは、宮崎大学教育学部の山元宣宏准教授をはじめとする書道関係者3人、宮崎大の学生3人。「筆を使って文字を書いてみよう!」という呼び掛けに集まった子どもたちのサポートをした。

 参加者の多くは筆を持つのも初めて。山元さんは、漢字の変遷を「魚」の文字を例に説明し、中国の古代文字でありカメの甲羅などに彫られた甲骨文、青銅器に書かれた金文(きんぶん)など「魚」がさまざまに変わっていくのを紹介し、好きな文字を書くよう子どもたちに話した。

 筆に墨をたっぷり付け半紙いっぱいに黒々と書いたり、魚をかたどった古代文字を見事に書いたりと自由に楽しんでいた。

 最後は、亀井神社書道展の課題である「うめ」「ないとう」「亀井の丘」などに挑戦。元気いっぱい個性あふれる作品が誕生した。

 山元さんは「子どもたちがのびのびと書いてくれました。筆で書く楽しさに触れてもらえて本当に良かった」と話した。

 この日の作品は亀井神社書道展で展示される。

◆亀井神社書道展作品受け付け中−〃学問の神様〃にあやかって

 亀井神社が祭る菅原道真公は、5歳で和歌を詠み、11歳で漢詩を作り「天才」と賞賛された。江戸時代に寺子屋が庶民の教育機関として普及し、道真公に書道の上達と学業成就を祈ったことから、学問の神様として信仰されるようになったという。

 今回の書道展には誰でも出品できる。出品料は無料。作品受け付けは20日までに延期した。

 毛筆で半紙に指定した文字を縦書きする。書体は自由。

【未就学児〜小学1・2年生】「うめ」「かめい」
【小学3・4年生】「てんじん」「ないとう」
【小学5・6年生】「亀井の丘」「亀井神社」
【中学生】「内藤家長」「内藤政挙」
【高校生・大学生・一般】「英霊気節」「厳霜烈日」

 郵送、持ち込み可。出品の際に名前、連絡先を伝える。小・中・高校生は学校名学年を記入。窓口は〒882―0811延岡市天神小路313家庭支援センター「童夢館」(電話延岡29・2266、午前10時〜午後6時)。

 宮崎大学教育学部准教授の山元宣宏さんが審査。優秀作品の表彰式は28日午前10時からの天神祭りの神事後。応募作品は27、28日に亀井神社で展示する。


真剣な表情で筆を動かす子どもたち

一人一人に声を掛けて個性的な文字を褒める山元さん
その他の記事/過去の記事
page-top