【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

4期ぶり減収減益

本紙掲載日:2017-05-11
3面

宮崎太陽銀行3月期決算

 宮崎太陽銀行(林田洋二頭取)は10日、平成29年3月期決算を発表した。売上高に当たる経常収益は前期比16・4%減の129億5400万円。経常利益は同54・4%減の25億4400万円で4期ぶりの減収減益となった。純利益は同38・5%減の29億200万円となったものの、過去最高だった前期に次ぐ過去2番目の水準だった。

 前期は株式関係損益を30億8200万円計上し、経常収益、経常利益、純利益ともに過去最高を記録。今期は7100万円に減少したことで、いずれも前期を下回った。

 業務粗利益は有価証券の利息配当が増えて6700万円増の101億8100万円。経費は物件費を中心に効率化に取り組み、2600万円減少の77億5900万円で、本業のもうけを示すコア業務純益は27億8900万円と3億5400万円増えた。

 金融再生法開示債権残高は22億300万円減の146億4300万円。自己資本比率は10・05%で0・18ポイント上がった。貸出金残高(末算)は9億9900万円増の4727億9500万円、預金残高(同)は101億6500万円増の6225億4900万円。

 30年3月期は経常利益が16億円、純利益が11億を見込んでいる。

 県庁で記者会見した林田頭取は「顧客との対話を中心に課題解決を支援し、資金需要を取り込んでいきたい」と話した。

◆川崎会長は退任

 宮崎太陽銀行は10日、川崎新一会長(69)が退任すると発表した。6月27日予定の定時株主総会で正式決定される。退任後は特別顧問に就任する。

 川崎氏は宮崎市出身。昭和46年に入行し、日向支店長、常務取締役などを歴任し、平成23年6月から頭取を務めた。28年6月から現職。

 役員人事ではまた、新取締役に津隈卓三執行役員本店営業部長(57)、安藤和慶総合企画部長兼次期システム移行推進本部副本部長(54)が就任。取締役(非常勤)に井上敬雄宮崎ケーブルテレビ相談役(69)が就く。専務取締役に河野文一常務取締役営業統括本部長兼次期システム移行推進本部長(63)が昇格。取締役の福田正之氏(59)と同(非常勤)の溝口孝氏(74)は退任する。

その他の記事/過去の記事
page-top