【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ホタルを守り地域の宝に

本紙掲載日:2017-05-08
6面
採卵タワーを作る子どもたち
ホタルの生態について話す吉田巧さん

ホタル博士育成講座開講−北川やっちみろ会


 延岡市北川町に生息するホタルの保護活動に取り組む「北川やっちみろ会」(早瀬純一郎会長)は7日、同町のホタルの宿で第8回ホタル博士育成講座を開講した。親子など34人が受講し、ホタルの生態などを学んだ。

 開講式で早瀬会長は「ホタルの生態、保護の大切さを勉強していただき、交流を深めながら後世に受け継がれる活動にしていきたい」とあいさつ。来賓の首藤正治市長は「ユネスコエコパークの祖母傾をはじめ北川は自然の魅力がたくさんある。豊かさ、素晴らしさを体感し、地域の宝を支えていく一員になってほしい」と呼び掛けた。

 講座では、門川高校ホタルプロジェクト班の顧問を務めるなどホタルの生態に詳しい吉田巧さん(61)が話した。それによると、日本産ホタルは現在54種類が確認されており、水生ボタルと陸上ボタルに分類される。そのうち身近で見られるゲンジボタルとヘイケボタルは水生、ヒメボタルは陸上で「水生はわずか3種類しかいない」という。

 雌雄の見分け方として、腹部の先がピンク色で一節だけが光るのが雌、腹部がピンク色ではなく二節光るのが雄。飛んでいるのはほとんど雄、雌は一定の場所に止まっており、雄が飛来するのを待っている−−などと紹介した。
座学後は、ホタルの幼虫を飼育するための「採卵タワー(コケタワー)」作りも行った。

 初めて参加した若生ひなのさん(7)は「ホタルはきれいだから好きだけど、まだ本物は見たことない。雄と雌の見分け方も分かったし今年は見たい」と話した。

 同講座は、ホタルの減少に歯止めをかけるとともに、より多くの人にホタルの知識を深めてもらおうと平成21年から開催。今回は21日までに開かれる全3回の講座全てを受講するとホタル博士としての「認定書」が授与される。

その他の記事/過去の記事
page-top