【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
楽しみながら大切さ学ぶ
本紙掲載日:2017-05-06
2面

シートベルトコンビンサーで時速5キロの衝撃を体験する親子
交通安全クイズを楽しむ子どもたち

後部シートベルトとチャイルドシート着用啓発

◆衝突体験やこども免許作成など−JAF宮崎支部

 日本自動車連盟(JAF)宮崎支部は、ゴールデンウイーク中の4、5日、「後部シートベルト・チャイルドシート啓発キャンペーン」を開催、親子連れなどが体験コーナーを楽しみながら交通安全の大切さを学んだ。

 4日は、道の駅北川はゆま(延岡市北川町長井)、5日は道の駅北浦(同市北浦町下阿蘇)で開催。いずれも、大型連休の行楽客などでにぎわった。

 会場には、シートに座って時速約5キロで衝突したときの衝撃を体験できる装置「シートベルトコンビンサー」を設置。

 北川はゆまで装置を体験した親子らは、わずかな速度でも体が大きく傾くほどの衝撃があることを実感し、「自分の手足で支えられる衝撃は時速7キロまで」「60キロで衝突するとシートベルトには2トンの衝撃がかかる」ことなどを学んだ。

 また、交通安全クイズに答え、本物そっくりの「子ども安全免許証」を発行するコーナーもあり、子どもたちは画面にタッチしながら楽しく回答。自分の顔写真が入った免許証をうれしそうに受け取った。

 ほかにも、チャイルドシートの取り付け方法や使用時の注意点などを、無料で点検・アドバイスする「マイカーチャイルドシートチェック」コーナーや、箱をのぞいて夜間の反射材の効果を体験できるコーナーもあった。

 同支部によると、県内の一般道では後部シートベルトの着用率(昨年調査)が3割強、チャイルドシートが6割程度で、さらに着用率向上を目指そうとキャンペーンを企画。啓発に当たったJAF職員は「体験を通して着用の重要性を理解してもらえたのでは」と話した。