【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

演奏会など多彩に−高千穂

本紙掲載日:2017-05-04
8面
演奏する高千穂本陣太鼓「鳴瀧会」

落立神社でいざなみフェスタ−6日まで

 高千穂町岩戸の落立(おちたち)神社(佐藤延生宮司)で3日から、地元の有志グループによる「いざなみフェスタ」が開かれている。6日まで。

 子授け・安産の神様といわれるイザナミノミコトを祭る同神社を広く知ってもらおうと、地元の30〜40代の有志ら約10人でつくる「同神社盛り上げ隊」(今村清美代表)が初めて企画。3月の発足から、参道や境内の清掃など急ピッチで準備を進め、開催にこぎ着けた。

 初日の3日は、「太鼓と音楽の杜(もり)」と題し、同町の高千穂本陣太鼓「鳴瀧会」と五ケ瀬町の社会人吹奏楽団「G音楽たい」が出演。鎮守の森に囲まれた神社の境内で迫力のある演奏と美しい音色が響き渡った。

 5日は、午前11時から午後3時30分ごろまで同町の花人(はなひと)太鼓の演奏や子供向けの映画鑑賞会などを、6日は午前10時から午後4時ごろまで地元の神楽保存会や子供による神楽奉納、「おちたちマルシェ」を予定している。

 今村代表(47)は「今後も定期的に、神社でのイベントなどを企画しながら地域の活性化につなげていきたい」と話している。

その他の記事/過去の記事
page-top