【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
スペイン在住の美術家・又木さんがふすま絵
本紙掲載日:2017-05-04
3面

又木さんが描いたふすま絵。左端から霊元住職、又木さん、田中さん

三十数年来の約束・昌竜寺で制作−日之影

 三十数年前に交わした約束を果たすため、都城市出身でスペイン・クエンカ市在住の美術家又木啓子さん(64)が、日之影町七折の昌竜寺(霊元丈法住職)で「ふすま絵」の制作に取り組んでいる。

 又木さんは、女子美術大学卒業後の昭和51年にスペインに渡り、王立サン・フェルナンド美術大学、国立アルテ・オフィシオス学校などを卒業、修了した。同59年、同市に移住。市内にある「TAIYO広場」のオブジェを手掛けるなど創作活動を続けながら二国間の文化交流に貢献している。昨年2月には同市の文化大使に委嘱された。

 又木さんと霊元住職が出会ったのは、今から33年前。共通の知人でもあった高鍋町在住の彫刻家田中等さん(67)の紹介がきっかけだった。その時、霊元住職が「いつかふすま絵を描いてほしい」と依頼していたという。

 今回、その約束を果たすためにやって来たという又木さん。霊元住職の自宅に1週間ほど前から滞在、制作に取り組んでいる。

 キャンバスは、隷書体の写経が貼り付けられた本堂と待合部屋などを仕切る縦180センチ、横90センチのふすま24枚。その表と裏に、仏教を象徴する五つの色(青、黄、赤、白、黒)で「光に包まれながら浄土に向かう世界観を表現した」抽象画を描いている。

 今週中にも完成予定で、又木さんは「約束を果たすことができて良かった。昨年から今年にかけて亡くなった友人への思いも込めながら精魂込めて描き上げたい」。霊元住職は「仏教の世界を抽象的に表現した素晴らしい作品に仕上がりそう。約束を果たしてくれる日を待ち続けて良かった」と話している。