【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

スペシャルなゲスト迎えて−第22回宮崎国際音楽祭

本紙掲載日:2017-05-02
7面
右から国谷裕子さん、徳永二男さん、島田歌穂さん(4月30日、メディキット県民文化センター演劇ホール)
「サンライズ・サンセット」を演奏する徳永さん(写真は宮崎県立芸術劇場撮影)

「Oh!My!クラシック」

◆NHK「クローズアップ現代」キャスター23年間−国谷裕子さんの思い出と共に

 第22回宮崎国際音楽祭のスペシャルプログラムとして4月30日、NHKの「クローズアップ現代」キャスターを23年間担当した国谷裕子さんをゲストに迎えての「Oh!My!クラシック」が行われた。国谷さんが青春時代からキャスターを務めていた頃のエピソードを語り、思い出に残る曲を演奏するという斬新な企画。観客もまたそれぞれの時代の記憶を重ね、感動を共有した。

 大阪府生まれ。父親の転勤に伴い高校時代までアメリカ、香港、日本で生活。大学時代はアメリカで生活し、1979年にブラウン大学卒業。81年からNHK「7時のニュース」英語放送の翻訳・アナウンスを担当した。

 87年からNHK衛星放送のニューヨーク発キャスターを務めた後、「ニュース・トゥディー」国際担当キャスター。そして総合テレビ「ニューストゥデイ」のキャスターに抜てきされたが「半年で降ろされた」。この時のことを「生放送の番組で、どう対応していいか分からず泣きながら帰るつらい日々だった」とステージで語った。

 半年後、BSに戻され、4年間「ワールドニュース」キャスター、そして93年4月から「クローズアップ現代」開始に伴いキャスターに就き、昨年3月までの23年間担当した。

 仕事でつらかった時に口ずさんでいた曲がミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」の「私のお気に入り」。女優で歌手の島田歌穂さんが軽やかに歌った。

 「クローズアップ現代」で出会った忘れられない人として国谷さんは、永六輔さんと高倉健さんを挙げた。特に高倉さんの〃17秒間の間(ま)〃のエピソードは興味深い。

 高倉さんが70歳になった時のインタビュー。高倉さんは国谷さんに「僕はインタビューが苦手です。僕が黙って下を向いたら次の話に進んでください」と頼まれた。その言葉通りに進めていたが、高倉さんは質問に対して一言二言答え、すぐに会話が止まってしまう。

 そこで国谷さんは、あえて次の質問をしないようにした。「お互いが黙っている無言の時間があり、最長では17秒ほどありました」

 番組ではその17秒間もカットしなかった。放送後、高倉さんから「あの間を使ってくれてありがとう」と、お礼の言葉が届いたという。

 国谷さんに島田さんとバイオリニストの徳永二男さんがインタビューし、話にまつわる曲が演奏された。徳永さんは、ピアニスト松田眞樹さんの見事なアレンジと伴奏による「屋根の上のバイオリン弾き」から「サンライズ・サンセット」を演奏。バリトンの久保和範さんはオペラ「カルメン」より「闘牛士の歌」を力強く、島田さんはカーペンターズの「イエスタデイ・ワンスモア」をしっとりと歌った。

 最後に国谷さんは客席からの質問「インタビューのこつは」に対して、「相手の話を全身全霊で聴くこと」と答えた。また、国際紛争など問題が山積する世界について「これまで解決策と思っていたことから、また新たな問題が出てきている。全体で取り組まなくてはならない」と述べた。

その他の記事/過去の記事
page-top