【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

日向市予算から(5)−教育

本紙掲載日:2017-04-28
1面
日向高校フロンティア科1年生による地域密着の課題型学習の発表会(今年3月)。市は今年度、学習のための交通費などを補助し市内3高校の魅力向上を後押ししていく

深刻、市外への進学−心配される高校の存続

 将来を見据え、市外の中学校、高校へ進学していく子供の流出が深刻だ。

 日向市には1学年あたり約850人の小学生がおり、近年、このうち約40人が延岡市、宮崎市などの中学校へ、さらに約50人が延岡市、宮崎市などの普通科系高校へ進学しているとみられている。その数は全体の約11%。言い換えると、成績上位の子供約11%が流出していることになる。

 同市キャリア教育支援センター長の水永正憲さん(68)は「地元の将来を担う有能な人材が、これだけ市外に流出していることに、もっと行政も地域も問題意識を持つべき」と指摘する。

 一方で、地元唯一の普通科系高校である日向高校には、フロンティア科と普通科があるが、普通科は定員割れが続いている。特に重く受け止めるべきは、市外の普通科系高校に進学する約50人の中に、例えば、延岡高校の普通科や延岡星雲高校のフロンティア科など、同じ科が日向高校にあるにもかかわらず、あえて市外を選んでいる子供たちの存在だ。「まずはこの子供たちを地元に戻すべき。そのための魅力づくりに取り組むべき」と提言する。

 また、地域からも現状を危惧する声が聞かれる。同市区長公民館長連合会会長の沖田實美さん(72)は「有能な子供の流出は学校の存続、さらには地域の存続にも関わってくる」と語る。

 少子化に伴って、県内では県立高校の再編統合が進んでいる。将来、市内に高校を残せるのか。市は今年度の予算に、市内3高校の在り方を問う検討会の設置や、市内3高校の課題型学習などに助成する「高校魅力向上支援事業」に60万円を計上している。

 具体的には、3高校を存続させていくため、今年度中に学校、行政、地域一体となった同検討会を立ち上げ、どのような現状か、将来どうあるべきか、市としての方向性を固めていく。

 同時に、日向高校フロンティア科1年生が昨年度取り組んだ地域密着の課題型学習の成果を踏まえ、3高校の課外型学習などに対し、例えばフィールドワーク時の生徒の交通費などを助成する。それぞれの高校の魅力向上を後押しし、その成果を地元に発信してもらうことで、定員割れなどの課題を解決していきたい考え。

 教育に関する予算は他に、富高小学校改築事業1350万円、小中学校のICT環境整備事業4093万円、各中学校区に学校図書館司書を配置する読書活動充実事業266万円など。(おわり)

その他の記事/過去の記事
page-top