【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

日本書芸院の参与に就任

本紙掲載日:2017-04-28
1面
日本書芸院展(役員展)に展示された西村さんの作品
西村和香さん

延岡市の書家、西村和香さん

◆「遠い道のり、夢のようです」

 延岡市の書家、西村和香さんはこのほど、全国最大規模の書道団体、公益社団法人・日本書芸院の一科審査会員から役員の「参与」に推挙され、就任した。

 これにより4月19〜23日に大阪国際会議場で開かれた第71回日本書芸院展(役員展)に日本を代表する書家と共に作品が展示され、図録に作品が掲載され、仲間入りした。

 西村さんは「日本書芸院の参与に推薦しますという通知が届いたときにはびっくりしました。遠い道のりでしたが夢のようです。諦めずにこつこつと続けることの大切さを改めて感じました。書道は終わりのない道です。さらに精進していきたいと思います」と話している。

 西村さんは日本書芸院大賞を2度受賞し、一科審査会員(平成9年)だった。ほかに読売書法展理事、日展入選3回、書道団体滴仙会(本部神戸市)総務、宮日総合美展無鑑査(同11年)、延岡市美展無鑑査(昭和56年)、延岡市文化功労者(平成18年)。

 日本書芸院の会員になるには、公募で応募し二科会員審査会で入選した人だけが入会できる。会員になると年1回3月の審査で二科員→一科員→(特選2回で)無鑑査員→(特別賞2回受賞などで)二科審査会員→(大賞2回受賞で)一科審査会員へと昇格していく。そこから上は役員で、評議員、参与、参事、理事、常務理事などの役職がある。

 西村さんはこれまで会員として最上位の一科審査員に昇格していたが、創立70周年記念特別選考により参与に推挙された。

 日本書芸院の展示会は、日本書芸院展(役員展)のほか一科審査会員展(四月展)、二科審査会員展(六月展)などがある。

その他の記事/過去の記事
page-top