【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「人」(ひと)−北浦総合支所長・堀井直弘さん

本紙掲載日:2017-04-27
1面

 昭和52年、旧北浦町役場に入庁。土木課、総務課を経て、本庁で勤務。平成24年度に再び支所へ戻り、建設課、水産農林課、地域振興課を経て今年4月に総合支所長に就任した。

 「にぎわいや産業振興を促す要は情報だと思っている」。町の魅力をいかに伝え広めるか、を最重要視する。

 昨年、臨海パークにオープンした「きたうらら海市場」は、「市外からも多くの来客でにぎわった」と評価するも、「北浦が水産地という認知はまだまだ。もっと集客できる可能性がある」と伸びしろを確信。

 平成30年度をめどに「地域起こし協力隊事業」に取り組む計画も進めており、「農林水産業に従事したい人やIT関連に詳しい人が理想。SNSなどを活用しPRをしてほしい。イメージは〃美食の町〃」と描く。

 情報の共有については、地元の飲食店らで発足した協議会について触れ、「連携を図ったことで待ち時間を有効活用したり、互いに紹介し合うなどして相乗効果を上げた」と評価。さらなるネットワークの構築に期待を寄せる。

 「安心安全な町づくりも大切」。防災の日の避難訓練にはすでに4割の住民が参加しているが、「もっと意識を高め、参加率を上げたい」。災害弱者の避難についての課題などに取り組む構えだ。

 出身地の宮野浦で妻と長女と3人暮らし。「休日はドライブや草むしり。ゆっくりしていることが多い」とおおらかな表情。58歳。

その他の記事/過去の記事
page-top