【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ブライダルで県北活性化を

本紙掲載日:2017-04-27
3面
名刺交換するなどして交流を図る参加者

一般も参加し交流会−延岡日向ウエディング協議会

 ブライダル事業で県北の活性化を狙う「延岡日向ウエディング協議会」(理事長・志多充吉ホテルメリージュ延岡専務取締役)は26日、延岡市川原崎町のガーデンベルズ延岡で初めて交流パーティーを開いた。一昨年に発足した組織で今回、活動の周知や理解促進、会員増強を目的に関係者以外の一般にも参加を呼び掛けて実施した。

 志多理事長によると、結婚式を挙げる割合は20年前に比べると3分の1にまで減少、2組に1組が入籍するだけになっているという。離婚率の高さが指摘されていることからも、愛と絆づくりの大きな機会になる結婚式を今、推奨していきたいと同協議会は平成27年に発足した。

 最大の特徴は、さまざまな業種が参加していること。一般的には式場だけで組織するが、同協議会は延岡市と日向市の4式場を中心に取引業者も入会している。「技量、サービスを向上させることができる」と志多理事長はその狙いを話す。

 現在は花や宝飾、写真・映像など正会員14団体、美容や洋菓子、印刷など賛助・個人会員18団体の計32団体で構成。「会員力増強」「組織」「企画」「夢婚」の4委員会を設けて運営し、ふるさとウエディングなどの「まちづくり事業」とブライダルプランナー育成などの「ひとづくり事業」を展開している。

 交流パーティーには、一般の個人事業主や企業など約20人を含む約50人が出席。名刺交換や自己紹介するなどして親睦を図った。

 一般参加のダンススタジオ代表は「結婚式でフラッシュモブをするにしても当事者から個人的に話を受けて、改めて式場と打ち合わせをしなければいけない。こういう協議会に入ることで式場から直接オファーが来るようになれば、もっとスムーズな流れになると考えた」と期待。

 志多理事長は「人の輪を広げていき、結婚式っていいものだなというのを訴えていきたい。地域で式を挙げて子どもを産み育てるというような定住につながっていくのが理想」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top