【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

談話室−信頼と期待に応えたい

本紙掲載日:2017-04-26
3面

奥園賢史日本公庫延岡支店長

「お客さまから信頼と期待を多く寄せていただいていると感じました。とてもありがたく思っています」と話すのは、1日付で着任した日本政策金融公庫延岡支店の支店長兼国民生活事業統括の奥園賢史さん(53)。着任してまだわずかしか経っていないが「温厚な方がとても多いとの印象を受けました」。

 県北の大変な信頼と期待に「地元の地域経済を担っておられるのは自営されている方々です。公庫への信頼にはスピードを持って対応していきたいと思います。気軽に声を掛けていただきたい」と抱負。

 これまで福岡支店、徳島支店に勤務。前任地は広島市の広島支店(副事業統括)。広島県の人口290万人の3分の2を管轄、職員も50人ほどいた大規模支店だった。そこから職員9人の延岡へ。「ファミリー的なアットホームな感じです」とにっこり。ただ、7市町村を管轄し、面積では相当な広さ。西臼杵方面のあいさつは済ませたが、椎葉村はこれから。「延岡支店勤務でないと行かないかもしれませんので、楽しみにしています」

 出身は福岡県大牟田市。自宅は太宰府市。単身赴任で「(食事など)地元の店を利用させていただきます」。

その他の記事/過去の記事
page-top