【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

町道立宿線−立宿橋が開通

本紙掲載日:2017-04-26
3面
立宿橋の開通式で、くす玉を開く出席者
渡り初めをして橋の開通を喜ぶ地元の人たち

利便性向上、活性化に期待−高千穂町岩戸

 高千穂町が整備した町道立宿(たちやどり)線「立宿橋」(橋長49・4メートル)の開通式はこのほど、同町岩戸の現地で行われ、行政や施工業者、地元の関係者ら約200人が出席、くす玉開披や渡り初めなどをして盛大に祝った。

 町建設課によると、町道立宿線は町道岩戸土呂久線から分岐し、土呂久川を挟んで東西の集落を結ぶ約1・6キロ。土呂久川にまたがる立宿橋は、昭和25年の完成から65年以上が経過、老朽化していた旧橋「汐井川(しおいがわ)橋」に替わって架設された。

 地元からの要望を受け、町が平成24年度から事業に着手。旧橋やその前後の道幅が狭く、急勾配のカーブが連続していたため、幅員7メートル(車道5メートル、歩道2メートル)の新しい橋と、前後の道路を合わせた230メートルを新設した。国の社会資本整備総合交付金を活用した総事業費は約3億800万円。

 開通式では、天岩戸神社の佐藤延生宮司による神事で通行の安全を祈願。内倉信吾町長が「(町道立宿線は)沿線住民の生活道路として重要な路線。橋の開通が地域の活性化につながることを期待したい」とあいさつした後、くす玉割りと渡り初めで開通を祝った。

 この後、近くの立宿活性化センターで祝賀会があり、立宿公民館の佐藤原則館長が「地権者の理解と協力、関係機関や施工業者の努力があって念願の橋が開通した。生活道として利便性が高まるだけでなく、農畜産物の搬出や大型車両、緊急車両の通行が容易になり、さまざまな方面に寄与するのでは」と喜びのあいさつ。子供神楽などが祝いの宴席に花を添えた。

その他の記事/過去の記事
page-top