【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡少年ラグビースクール、飛躍誓う

本紙掲載日:2017-04-25
9面
新ユニホームを披露するスクール生
延岡少年ラグビースクールの創立30周年記念式典

創立30周年記念式典開く

 延岡少年ラグビースクール(RS)の創立30周年記念式典が22日、延岡市紺屋町のホテルメリージュ延岡であった。指導者やスクール生をはじめ保護者や関係者ら約300人が出席し、これまでの歩みを振り返りながら今後の飛躍を誓った。

 式では、同式典実行委員長を務めた同スクールの橋口弘次総括監督があいさつ。これまでの歴史や近況を紹介しながら、「九州地区でも名が知れ渡るようになったのもこれまでの皆さんの支えのおかげ。今後もご支援お願いいたします。きょうはラグビー談義に花を咲かせ楽しんでほしい」と呼び掛けた。

 来賓の財津吉長県ラグビーフットボール協会会長、九州電力キューデンヴォルテクスの吉岡泰一チームマネジャーが、ますますの発展を願い、お祝いの言葉を贈った。

 鏡開き後、高鍋ラグビースクールの石田善克校長の音頭で乾杯。出席者は創部当時の苦労話や一緒にプレーした思い出などを語りあった。

 祝宴の最中には、延岡東高校(現延岡星雲高校)ラグビー部OBで、現在はトップリーグチームヤマハのヘッドコーチや日本代表チームのアシスタントコーチを務める堀川隆延さんからのメッセージ映像を上映。堀川さんの計らいで、日本代表の山田章仁選手が映ると会場からは歓声があがっていた。

 また、完成したばかりの新ユニホームのお披露目や、功労賞として長年スクールに携わっている佐藤与志登コーチと早瀬賢二コーチの表彰、日本代表チームの監督と選手のサイン入りボールが当たる抽選会などもあり、大いに盛り上がった。

 同スクールは昭和62年4月、「『oneforallallforone(ワン・フォー・オール、オール・フォー・ワン=一人はみんなのために、みんなは一人のために)』精神のもと、明るく、楽しく」をモットーに開校。これまでに300人以上が卒業している。

その他の記事/過去の記事
page-top