【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

棚田百選の景観を満喫−日之影

本紙掲載日:2017-04-25
8面
棚田の特設ステージで奉納された神楽
締めくくりに行われた餅まき

2年ぶり、戸川地区で棚田まつり

 「石垣の村」と呼ばれている日之影町七折の戸川地区で24日、第17回棚田まつりがあり、春らしい陽気の下、地区内外の人が訪れにぎわった。同地区は、日之影川沿いの山あいにたたずむ小集落。宅地や耕地などが傾斜地に築かれた石垣に守られ、その景観の美しさから農林水産省の「日本の棚田百選」に選ばれている。

 まつりは、地元の石垣の村管理組合(坂本博組合長)が同百選に選ばれた翌年の平成12年から開いている。昨年は直前に発生した熊本地震の影響で中止になり、今年は2年ぶりの開催となった。

 この日は、地区内にある石垣茶屋横の棚田にステージを特設、地元の平清水神楽保存会による神楽の奉納や民謡、風船パフォーマンス、餅まきなどの「おもてなしイベント」があったのをはじめ、飲食物や加工品などを販売するテントが並んだ。

 森林セラピーウオークも行われ、町内外から参加した約180人が、町役場から日之影キャンプ村を経由、まつり会場までの「石垣の村トロッコ道コース」約7キロを思い思いのペースで歩いた。

その他の記事/過去の記事
page-top