【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

金婚者を寿ぐ会−苦楽共に50年、節目祝う

本紙掲載日:2017-04-24
8面

昭和42年に結婚

◆対象は市内の255組−延岡市公民館連絡協議会

 第46回金婚者を寿(ことほ)ぐ会が21日、延岡市川原崎町のガーデンベルズ延岡であり、結婚50年を迎えた夫婦の節目を祝った。延岡市公民館連絡協議会(吉田敏春会長)主催。同協議会によると、今回の対象者は昭和42年に結婚した市内10地区の255組。

 会には、スーツや着物姿の金婚者131組が出席。吉田会長は、同市が取り組む健康長寿のまちづくりに触れて「お二人で元気に長生きしていただきたい」とあいさつした。

 また、首藤正治市長が金婚者代表の赤木一夫さん(75)と妻の征子さん(75)=北川地区=に頌詞(しょうし)を贈呈。「節目を大切にし、これからも夫婦仲良く健康で楽しく過ごしていただきたい」と祝福した。

 金婚者を代表して佐藤松男さん(74)と妻の康子さん(72)=川中地区=が「これからも互いを思いやりながら、明るく楽しく優しく過ごしたい」と謝辞を述べた。

 祝宴では、花柳流慶扇會の花柳慶次松会主が祝舞を披露。同市区長連絡協議会の山口美三雄会長の音頭で乾杯した。

 出席者らは、周囲の夫婦と杯を交わして互いの金婚を祝い、50年間を振り返って話に花を咲かせた。また、アトラクションの舞踊や大正琴の演奏が花を添え、会場は終始祝福ムードに包まれた。

 昭和42年は、大相撲でハワイ出身の高見山大五郎が初の外国人関取(十両)に昇進、イギリスの女優でモデルのツィッギーが来日してミニスカートが流行。延岡市では新祝子橋や鷺島橋が完成した年。

その他の記事/過去の記事
page-top