【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

AEDで迅速対応、人命救助

本紙掲載日:2017-04-20
3面
吉村消防長から感謝状を受け取る黒原監督

田中病院野球部に感謝状−日向市消防本部

 日向市消防本部(吉村博消防長)は20日、倒れていた男性に心肺蘇生など行い人命救助に貢献したとして、門川町宮ケ原の特定医療法人浩洋会田中病院の野球部に感謝状を贈った。

 同野球部には、准看護師12人と補助看護師2人、看護学生6人の計20人が所属している。

 門川海浜総合公園野球場で練習を行っていた3月29日午前10時ごろ、テニスコートにいた67歳男性が倒れ心肺停止状態となったという。コートに一緒にいた人が管理棟に伝え、管理棟の職員が練習中の部員らに助けを求めた。

 同野球部が約10人で現場に駆け付けたところ、声を掛けたが反応はなかったため、管理棟にあったAED(自動体外式除細動器)を使用。気道を確保し心臓マッサージなど行った。迅速な対応のおかげで、消防が到着した時には呼吸と脈拍は再開していた。

 消防は男性をすぐに市内の病院へ搬送。担当した医師によると、救急車が到着するまでに適切な救命処置が行われたため、翌日には会話できるまで回復していたという。

 贈呈式は市消防本部であり、黒原由秀監督(41)と救命時に関わった代表部員4人が出席。吉村消防長が黒原監督に感謝状を手渡した。

 吉村消防長は「不測の事態にも的確に行動していただいた」と感謝。黒原監督は「AEDは日ごろから扱っており、いつも通り当たり前のことをしただけです。チームワークでスムーズに救助できました。今後も医療人として何かあれば迅速に対応したい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top