【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡市予算から(3)−エコパーク

本紙掲載日:2017-04-19
1面
大崩山のPVでボルダリングを楽しむ様子が紹介されている山田さん

今夏の登録へ準備

◆自然環境モニタリングも

 「素晴らしい」「登って体感したくなる」。市が制作した大崩山(標高1644メートル)のプロモーション動画(PV)が1月に公開され、ネット上には迫力の映像に感動した人たちからのコメントが寄せられた。経営指導課は「全国の人たちに魅力を伝えられたのではないか」とPR効果に手応えを感じている。

 大崩山は、宮崎、大分両県や延岡市など関係6市町が登録を目指す「祖母・傾・大崩ユネスコエコパーク」(生物圏保存地域)の中核。新年度予算には、両県でつくる推進協議会の負担金など300万円を計上、啓発用教材の改訂版を制作するなど今夏の登録を見据えた準備を進める。

 エコパークに深く関わるのが新規で取り組む自然環境モニタリング事業(529万円)。生活環境課によると、平成33年度に予定している第3次環境基本計画の策定に向け、新年度から4年かけて市内の動植物の分布・生息状況を調査、報告書や希少動植物のマップを作成する。

 事業は旭化成、市、専門家らで構成する任意団体の市SATOYAMA保全推進会議に委託。前回調査(23年度)と同じ植物類、ほ乳類、鳥類、は虫類、両生類、昆虫類、魚類、サンゴ類のほか、新たに貝類、甲殻類を加えた10分野を対象とする。

 生活環境課は「エコパークに登録されれば観光客の増加が予想される。登録前後で動植物にどんな変化があるか。モニタリング事業は、生態系の保全と持続可能な利活用の調和を評価するための基礎資料になる」と話している。

 一方、「これほど素晴らしい場所はない」と大崩山周辺の自然にすっかり魅せられているのは、北川総合支所に勤務する山田裕紀さん(35)=東京都出身=。市が前年度に初めて採用した地域おこし協力隊員の一人だ。

 ロッククライミングやボルダリングが趣味のアウトドア派。「少しの時間があれば自然を思い切り楽しむことができる。都会だとこうはいかない」。昨年11月に着任後、「地域の魅力を多くの人に知ってほしい」と精力的に活動している。

 地域おこし協力隊は、買い物の手伝いなど高齢者の生活支援や見守り活動のほか、地域の情報発信、イベント支援なども行う。新年度は、北川町の2人に加え、新たに北方町に2人を雇用する(事業費1302万円)。

 「海、山、川と自分の好きな自然が身近にある。任期後、できれば定住したい」。そう話す山田さんの表情は、水を得た魚のように生き生きとしている。

その他の記事/過去の記事
page-top