【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡市予算から(1)−東九州バスク化構想

本紙掲載日:2017-04-17
1面
東九州バスク化構想延岡推進協議会内に発足した料理人部会の第1回総会(2月下旬、市役所講堂)

和をもって取り組む

◆料理人部会、食の魅力向上へ

 「料理人が力を合わせればできないことはない。団結し、和をもって取り組めるよう協力を」。2月、東九州バスク化構想延岡推進協議会内に料理人部会が発足、会長に選ばれた県飲食業生活衛生同業組合延岡支部長の高田重幸さん(69)=多賀田経営=は力強く呼び掛けた。

 同構想は、フランスとスペインにまたがる食の地域・バスク地方をモデルに、県境をまたいで隣接する延岡市と佐伯市が連携し、食の魅力で人が呼べる地域づくりを目指す取り組み。観光の産業化と交流人口の増加を目的に、両市が昨年5月に打ち上げた。

 延岡推進協は延岡の食の魅力向上につなげる各種活動を展開する組織。67人で新たに発足した料理人部会には、地元の料理人同士の連携による食の魅力の磨き上げや、地元の農林水産・畜産の生産者との連携など、構想推進のエンジン役として期待がかかる。

 「料理人はどうしても自分の店のことを一番に思ってしまうが、そこを少しだけ乗り越えて延岡全体の食の魅力のことを考える。食のジャンルを超えて地元の食材や料理を話し合い、切磋琢磨(せっさたくま)できるようになる」と高田さん。

 具体的な取り組みについては協議をしながら決めていくことになるが、生産者との連携による地元の食材を使った延岡グルメづくりやレシピの公開、店や料理人のレベル底上げのための勉強会・研修会の開催など、高田さんからは次々にアイデアが浮かぶ。

 「考えただけでも楽しみ」と目を細める高田さんは、「食のまちづくりは料理人にも大きなチャンス。官民で取り組む形ができ、今後は自分たちが走る番、料理人のやる気次第。延岡の伝統料理を大切にしながら、宝物を探したい。生かすも殺すも料理人の腕の見せ所」と意気込んだ。

 こうした活動を支援するため、市は平成29年度一般会計当初予算の新規事業として、「東九州バスク化構想推進事業」に1000万円を計上。延岡推進協が行う地産地活の推進や料理人の人材育成、生産者との連携を深めていく取り組みなどを支援し、構想の実行性を高める。

 「食の魅力でまちに人を呼ぶ東九州バスク化構想推進の中核的な役割を担う」と部会に期待を寄せる企画課は、「延岡の食の魅力向上の取り組みをしっかり応援し、食を通じた地域の活性化、延岡新時代創生を目指したい」と話していた。

 このほか、食の魅力を全国に発信するため、民間団体が行うイベント開催費用の一部を補助する「食のまちづくり機運醸成事業」に1000万円、「東九州バスク化構想人の流れ創出事業」に400万円、「のべおか美食めぐりバスPR事業」に254万円を計上している。

         ▽        ▽

 延岡市はこのほど、中心市街地プロジェクト推進事業やICT教育推進事業などを盛り込んだ総額571億5600万円の平成29年度一般会計当初予算案を市議会に提出し、議決を受けた。「延岡新時代を具現化する予算」の主な事業を紹介する。

その他の記事/過去の記事
page-top