【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

手作りアクセサリー展

本紙掲載日:2017-04-15
2面
作品を手にする(右から)影山さんと本田さん
影山さんのレジンアート(右の2個)と本田さんのワイヤアート

レジンアートとワイヤアート−21日まで虎屋サロン

 手作りアクセサリーに取り組む友人同士2人の作品展「キラリ輝いて」が、延岡市幸町の虎屋サロンで開かれている。2人は、以前近所に住んでいて仲良くなったという、ともに日向市在住の影山美代子さん(62)=日知屋=と本田晶子さん(60)=原町=。同展は21日まで。開場は午前8時〜午後8時(最終日は同5時)。入場無料。

 影山さんの長女は福岡にアトリエを持つレジンアクセサリー作家、本田さんの長男は画家。ともに子どもが創作活動の先生だという点も共通する。

 影山さんは紫外線で固まる樹脂・UVレジンで作るレジンアートを始めて4年。押し花、ビーズなどを閉じ込めたペンダント、キーホルダー、バッグチャーム、印鑑ケースなど80点を展示している。本物の時計の部品を閉じ込めた作品もある。

 以前は布小物を作っていたが、レジンアートを知ってからは、その魅力のとりこになった。「作り手のひらめき次第で、世界が無限に広がるんです」という。次は「同じレジンで手法の異なる、ワンランク上の作品づくりに挑戦したい」と抱負を話した。

 本田さんは1年半前、長男が本を見せてくれたことをきっかけにワイヤアートを始めた。最初の1カ月は、針金を扱う技術を習得するために、たたいたり、伸ばしたり、ねじったりして猛特訓。その後に作品づくりを始めた。

 メノウ、マラカイトなどの天然石や淡水パールにワイヤアートをまとわせたペンダント33点を展示している。「石も一つ一つ違うし、オリジナルなアクセサリーを作れることが魅力。ワイヤを編むのは難しいのですが、次は編んで作るものに挑戦したい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top