【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

懐かしい延岡−25年前に鉄工団地で研修

本紙掲載日:2017-04-15
3面
ステージで紹介される元研修生の皆さん

中国人研修生、旧交を温める

 25年前の平成4年1月から翌年7月まで、延岡市大武町の延岡鉄工団地で工業技術を学んでいた中国人研修生の一行が14日、25年ぶりに延岡市を再訪し、関係者と再会した。夜は祇園町のキャトルセゾン・マツイで歓迎会があり、鉄工団地関係者や県北地区日中友好交流推進会(佐藤邦典会長)の会員ら約70人と旧交を温めた。

 一行は当時、第一期生として訪れた研修生11人のうち、趙樹民さん(53)、郭靴気鵝複毅魁法⇒綿さん(50)、姚国忠さん(48)の4人。趙さんは現在、河南省許昌市在住で不動産会社社長、郭さんは同省鄭州市在住で自動車メーカーのプロジェクト担当者、楊さんは同省開封市在住でエンジニア、姚さんも同市在住で機械設備会社の副社長と、それぞれ日本での経験を生かし、要職に就いている。

 なお、当時の団長だった曹清祥さんは現在、熊本県在住で熊本地震からちょうど1年のため欠席。団員の1人だった李亭さんは宮崎大と宮崎産業経営大学で学び、現在、延岡市在住。

 佐藤会長が「25年前、第一期研修生として学んだ皆さんを、再び歓迎できることはこの上ない喜びです。延岡大師祭のパレードも開催されます。私たちも参加して楽しみましょう」とあいさつ。

 久保昌広副市長らが来賓祝辞を述べて歓迎。日中友好の懸け橋になることを祈念した。

 延岡鉄工団地協同組合の吉玉典生理事長が乾杯の音頭。グラスを傾けながら懐かしい話に花を咲かせた。祝舞、アトラクションがあり、中国人研修生によるひょっとこ踊りが会場を盛り上げた。

 郭さんは「延岡は美しい都市。懐かしい気持ちです。まだ着いたばかりで、延岡がどう変わったか分かりませんが、高速道路を走ってみたいですね」。

 楊さんは「(歓迎会の)出席者名簿に、古い友人の名前をすぐ見つけることができました。整理整頓や日本で学んだ管理術などが、現在の仕事にも役立っています」と笑顔で話していた。

◆25年ぶりの延岡以前より美しい

 中国人技術研修生の一行は14日、研修した鉄工団地などを見学した。県北地区日中友好交流推進会の佐藤邦典会長が案内した。

 現在河南省許昌市で不動産会社を経営している趙樹民さん(53)は25年前、アドヴァンス・カワベで学んだ。

 「延岡では建築と管理、機械組み立てなどいろんな技術を学びました。延岡での経験が役に立っています」と話した。25年ぶりの延岡については「大変うれしい。延岡の人はとても親切で第二の故郷という気持ち。以前よりも延岡は美しいです」と笑顔だった。

その他の記事/過去の記事
page-top