【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「人」(ひと)−延岡市副市長・久保昌広(くぼ・まさひろ)さん

本紙掲載日:2017-04-14
2面

 「東九州随一の工業集積都市の表情に加え、城下町としての歴史と、そこから育まれた高い文化、自然も豊かで住みやすいです。まだまだ掘り起こされていないものもありそう」と延岡の印象に触れながら、新しい環境に期待を膨らませる。

 初の延岡勤務だが、県立延岡病院との縁は深い。平成7〜10年の県立病院課勤務時は、その改築に関わり、同20〜24年の病院局勤務時は医師不足への対応や救命救急センター増設に携わった。「頻繁に来ていたので、延岡に親近感があるんです」

 特命担当副市長の主な仕事は、企業誘致や地域医療の充実、ユネスコエコパーク登録をはじめ、メディカルタウン構想や農商工連携・6次産業化の推進など、市が全力で取り組む「延岡新時代創生総合戦略」の肝となる重要課題を担当する。

 「本格的な高速道路時代を迎え、延岡新時代の土台づくりの重要な時期に職員の一人として関われることは本当に光栄」とやりがいを感じる一方で、「職責の重さをひしひしと痛感し、プレッシャーもあります」と身を引き締める。

 信条は「一生懸命に頑張ること」。好きな言葉に「現場第一主義」「常在危機」を挙げる。「積極的に現場に出て人と話をして特命事項に生かしたい。後で振り返った時、自身を誇ることができるように仕事に取り組みたいですね」と意欲的。

【略歴】
都城市山之口町出身。九州大法学部卒。昭和62年に県庁に入り、病院局経営管理課課長補佐、危機管理局危機管理課課長補佐、副参事兼農政企画課課長補佐、児湯農林振興局次長など歴任。現在、単身赴任中。自然豊かな延岡で趣味を模索中と話す53歳。

その他の記事/過去の記事
page-top