【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

特殊詐欺未遂−息子かたり9人に不審電話次々

本紙掲載日:2017-04-13
3面

注意「投資に失敗」「使い込んだ」−延岡

 県内で特殊詐欺とみられる不審な電話が相次ぐ中、延岡市内では10、11日に現金をだまし取られそうになる未遂事件が立て続けに9件発生。宮崎市では実際に2件計1370万円の被害も発生しており、各警察署は十分な注意を呼び掛けている。

 延岡署によると、10日夕方から11日昼すぎにかけて息子をかたる不審な電話がかかってきたという相談を、これまでに、市内に住む60〜80歳代の男女9人や家族などから受理した。

 共通する手口は―犯人は被害者の固定電話に電話し、本人らの息子の名前をかたって「風邪を引いて調子が悪い」と、声が違うのを怪しまれないよううそをついて、いったん電話を切った。

 その後、再度電話をかけてきて「実は投資に失敗した」「会社の金を使い込んだ」などと説明、示談金などの現金を無心してきた―という。

 幸い、被害者たちは、声の感じが違うことに気づいたり、息子本人に連絡するなどして、うそを見破り、いずれも被害に遭うことはなかった。

 一方、宮崎市では10日に、警察官を名乗る人物が電話で、被害者らが詐欺事件に巻き込まれそうになっているかのように不安がらせ、「資産を守るから」などと向かわせた銀行員役に現金を預からせる手口で、70代女性が約700万円、60代女性が670万円を手渡してしまったという。

 これらのほかにも県内では3月から、さまざまな語り口で現金を要求する不審電話が連日のように、高齢者宅を中心にかかってきている。

 警察は「電話口で〃お金〃や〃投資〃〃名義を貸して〃などの話が出たら用心し、不安になってもすぐに現金を振り込んだりせず、落ち着いて家族や警察に相談してほしい」とアドバイスしている。

 また、知らない番号からかかってきた電話だと分かるナンバーディスプレー(番号表示)や、直接の応対を避ける留守番機能付きの電話機を推奨。金融機関では、被害を水際で食い止めるため高額の払い戻しをするお年寄りなどへは積極的な声掛けを指導しており、理解を求めている。

その他の記事/過去の記事
page-top