【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

料理を通じて魅力をPR

本紙掲載日:2017-04-13
2面
五ケ瀬ぶどうカンパチを素材にした料理を楽しむ参加者

五ケ瀬ぶどうカンパチ桜舞−料理人など招き試食会

 ブドウの皮の加工品を混ぜた餌を与えて養殖した「五ケ瀬ぶどうカンパチ桜舞(おうぶ)=AUBU」の試食会が12日、宮崎市のガーデンテラス宮崎であった。ホテルや飲食店の料理人、スーパーのバイヤーなど約70人が招かれ、和食や洋食の料理を通じて魅力をPRした。

 ぶどうカンパチは五ケ瀬町の五ケ瀬ワイナリーと延岡市北浦町の養殖業丸正水産(堀田洋社長)と中千代水産(中田真稔社長)が協力して養殖。ワイン製造時に排出されるブドウの搾りかすを活用することで、魚臭さが少なく、身肉の色が長持ちするのが特徴という。昨年12月に初出荷し、延岡市内のスーパーや飲食店では取り扱いが始まっている。

 県内最大の消費地、宮崎市でPRしようと、「宮崎の魚普及拡大連携グループ」(築地加代子代表)が企画。朝締めのカンパチを刺し身やマリネ、スモークなど多彩に料理し、料理人や一般消費者らに魅力をアピールしていた。

 宮崎市の女性は「どんな味がするのかと思っていたが、とてもおいしくてビックリ。普段は刺し身などが多いが、スモークなどは面白い」と話した。

 中田社長は「宮崎で知名度を高め、福岡や東京などに宣伝していきたい」と意気込んだ。

 また、宮崎市内の飲食店約40店舗で「桜舞AUBEフェア」が13〜22日に開かれる。

その他の記事/過去の記事
page-top