【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ボランティア団体などに還元

本紙掲載日:2017-04-12
2面
贈呈式に出席した皆さん(提供写真)

黄色いレシートキャンペーン−イオン延岡店で贈呈式

 売上金の一部を地域のボランティア団体などに還元するイオングループの「黄色いレシートキャンペーン」の平成28年度贈呈式が9日、延岡市旭町のイオン延岡店であり、杉野康盛店長が合計49万9300円分のギフトカードを各団体代表者に贈った。

 同キャンペーンは、毎月11日のイオン・デーに買い物をした際に発行される黄色いレシートを、地域のボランティア団体などの名前と活動内容を書いたボックスに投函(とうかん)すると、購入金額合計の1%がボランティア団体などに還元されるシステム。

 同店は、平成13年に九州のイオングループ内では1番目に同キャンペーンを開始。同28年度の投函された黄色いレシート金額は499万4621円だった。

 この日は、登録団体25団体のうち20団体が出席。杉野店長は、キャンペーンの趣旨を紹介しながら、「今後も各ボランティアに励む皆さまに活用していただくことで、地域貢献に努められるよう取り組んでいきたい」とあいさつした。

 参加団体を代表して、コノハナロード市民応援隊の松田庄司代表が、「ボランティア支援を継続してくださっているイオンに感謝します。有効に活用し、私たちも力強く活動を続けていきたい」とお礼を述べた。

 同店によると、同28年度の黄色いレシートの投函率は29%。全店平均の40%を下回っており、今後は声掛けなど周知活動に努めていくという。

その他の記事/過去の記事
page-top