【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

2017県予算から(6)−科学捜査の高度化

本紙掲載日:2017-04-12
1面
科学捜査研究所が入る県警本部庁舎(宮崎市)

DNA解析し年齢など推定−容疑者ら絞り込みに期待

 植物の品種改良、遺伝子治療、親子鑑定、犯罪捜査。動植物の設計図とも言えるDNAの研究成果は生活のさまざまな側面で利用されている。研究が日々進化する中、県警本部はDNAから年齢や出身地を推定する全国から注目を集める研究に着手する。

 年齢推定と出身地推定は、別々の方法で研究を進める。

 年齢推定は、延岡市出身で県警科学捜査研究所法医主任の久澄倫之介さん(38)の論文が基礎研究となった。DNA鑑定では血液型や性別は判別できるが年齢を特定する手法が確立されていない中、免疫細胞が成長する過程でできるDNA「sjTREC」の数が加齢とともに減少することを明らかにした。

 論文では多くのサンプルを得やすい牛の血液を使用したが、人に応用することで、「捜査の有力なツールになる」と可能性を感じていた。

 今年度は県警職員約500人分の血液を集め、20〜60代でsjTRECの量がどの程度違うのかを分析。季節や性別、健康状態でも増減することが分かっているため、採血する時期を分けながらデータを蓄積し、年齢を割り出す精度を高めていく。

 出身地推定は男性のみが持つ性染色体の一つ「Y染色体」に着目し、父親のDNAが息子にほぼそのまま受け継がれる性質を利用する。男性署員らの協力を得て、1人ずつ口の中の細胞を採取し、出身市町村や先祖の墓がある場所を聞き取る。3年間で1500人分のDNAと出身地情報の組み合わせをデータベース化していく。

 地域分布のパターンが把握できれば、調べたいDNAをデータベースに照合することで出身地域が推定でき、捜査の方向性を絞り込めるという。

 活用法は犯罪捜査だけではない。死者約1万5000人、行方不明者約7500人に上った平成23年3月の東日本大震災。警察は遺体の検視や身元確認などに全国から1日当たり最大497人を投入したが、津波で居住地から離れた場所で発見されるケースや所持品が失われているケースも多く、身元確認が難航した。

 南海トラフ巨大地震が発生した場合、本県でも甚大な被害が想定されている。DNA解析で年齢や出身地を絞り込めれば、遺族への引き渡しも早まる。

 久澄さんは「DNA鑑定は捜査の裏付けの用途が多かったが、推定方法を確立できれば、捜査の早い段階で使う〃攻め〃の捜査に活用できる。結果を出さなければ、とやる気が出る」と意気込む。
(おわり)

その他の記事/過去の記事
page-top