【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ナインぼう然「これが実力」−延岡学園

本紙掲載日:2017-04-07
9面
【準決勝・延岡学園―宮崎南】8回、右前適時打を放つ寺迫
8回、2死一、三塁、投球後に捕手が前に弾いたボールをカバーし、本塁を狙った三走にタッチする延岡学園・藤谷

第140回九州地区高校野球大会県予選・球音

◆悔しさかみしめ、夏へ

 延岡学園の重本浩司監督は悔しさを押し殺し、「いい負け。たしかに力は付いてきたが、一つのミスでこうなるということ。15残塁となった走塁と守備」を夏への課題に挙げた。三塁手の小迫雄隆は「これが実力。冬にやってきたことが足りなかった」。ぼう然の選手たちは、必死に夏へ向けての切り替えを図っていた。

 投手陣が豊富な3年生に対し、2年生は1年生大会で優勝するなど将来有望で、多くスタメンを勝ち取っていた。

 「負けていられない」。冬に最上級生の野手陣も奮起。小迫雄や寺迫大輝が1桁の背番号を奪い、20人誰が出ても遜色のないチームへ底上げしてきた。

 降り続く小雨の中の準決勝。2年生が多い若さか、ぬれた芝生か、吹奏楽が作り出す相手の気迫か―。記録に表れないものも含めて、失点にはことごとくミスが絡んだ。

 一方の打線は粘り強く四球を選ぶが肝心の一本が出ず。八回は、「つなぐ意識と、自分のスイングをという気持ちが結果につながった」という小迫の左前打や、「絶対にスタンドも全員で九州大会に行きたかった。絶対に打つというだけ」という寺迫の右前打などで1点差まで迫った。

 2季連続の準決勝敗退。寺迫は「気持ちを切り替えて一球、一本も無駄にせずにやっていく」。小迫雄は「これが実力と認めて、チーム全体で夏に向かいたい」と悔しさをかみしめた。


◇修正できなかった−山田拓見(今大会2試合目の先発)
「(投球の)開きが早く、それを修正できなかった。自分にできることを一つずつ確実にやっていき、チームとしては守りから攻撃へリズムをつくることをやっていきたい」


◇夏は全試合完投を−藤谷勇介(救援し八、九回のピンチを防ぐ)
「(六回は)秋と一緒で、ここで取られたらという場面で取られてしまったが八、九回はどんな形でも失点を防ごうと思った。制球、ボールのキレ、精神面も良くなってきているのでスタミナを付けて、夏には監督から信頼され、全試合完投したい」

その他の記事/過去の記事
page-top